エンスーの杜  トップページに戻る  


ヤマハ SRX400 1990年式
車検 2023年1月 走行 不明 備考 カスタムバイク、空冷4サイクルSOHC4バルブエンジン、5速マニュアル、セルスタート式
長さ 206cm 68cm 高さ 101cm 重量 170kg 排気量 399cc
取材日2021年12月4日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ヤマハSRX400について
――――――――――――
SR400/SR500でシングルの地位を築いたヤマハは、4バルブ化したエンジンを搭載したSRX400/SRX600でシングルのスポーツ性を追及しました。
同じシングルながらクラシカルなSRシリーズに対し、モダンなシングルとして根強い人気を誇り、ビッグシングルレースでも、そのポテンシャルを発揮し、ビギナーからレース志向の上級ライダーまで楽しめる幅広いモデルでした。

モデルチェンジ前の車名はSRX-4、SRX-6とも呼ばれ、1985年のデビュー当時、SRX-6はダブルディスク、リザーバータンク付きツインショック、オイルクーラーが装備され、SRX-4よりも上級な仕様でしたが、1987年にはオイルクーラーの有無だけの違いとなり、1990年のフルモデルチェンジで、違いはエンジン(排気量)のみとなりました。

前期モデルがキック始動のみで、マニアにしか受け入れられないような面もあったが、後期モデルはセル始動となり、ビギナーでも手軽に楽しめるようになります。
モデルチェンジ後もエンジンの基本的な部分は変わらないものの、キャブレターや点火方式CDIからフルトランジスタ)を変更、セルモーターを装備したことで、オイルタンクがエンジン前方に移され、冷却効率を向上しました。
フレームはメインチューブが太く高剛性なものになり、これに合わせてスイングアームも変更します。
リヤサスペンションは1本タイプのモノクロスサスになり、リヤタイヤは17インチ化&ワイド化されました。
スタイリング面では、前期モデルのやや丸みを帯びた感じからシャープさが加わり、曲面が美しく造り込まれています。また、ショートマフラーもSRXの特長と言えます。

SRX400は1990年代後半までラインナップ、その後シングルモデルはSR400だけとなってしまいますが、ビッグシングルで手軽にスポーツライディングできるモデルとして未だ人気の衰えないバイクと言えます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ご紹介するバイクについて
―――――――――――――
今回ご紹介するバイクは1990年モデルのSRX400です。
現オーナーさんは、約9年前にカスタマイズされたSRX400を購入します。
現在まで色々モディファイしながら所有し、楽しんで来られましたが、もう一ランク上の大型バイクに乗ろうと思い、手放されることになりました。

◆モディファイの内容
・TZR250用フロントフォーク
・TZR用フロントフェンダー
・TZR用フロントホイール
・ダブルディスクブレーキローター
・フロントブレーキキャリパー(ブレンボ製)
・リヤブレーキキャリパー(ブレンボ製)
・NSR用ハンドル
・シート(ワンオフ)
・燃料タンクカウル(ワンオフ)
・リヤカウル(ワンオフ)
・ホワイトメーター
・スラクストンデュアルマフラー
・両サイドアルミパネル(ワンオフ)
・K&Nエアクリーナー
・リヤサスペンション(調整式)
・テールライト

※購入する前に付いていたシート、燃料タンクカウル、リヤカウル、両サイドアルミパネル、テールライト、タンデムステップなどがありますのでお付けしますが、オリジナルのものかどうかはわかりません。また、テールライトのあたりを元に戻すために加工が必要なようです。

◆仕様
・エンジン形式:空冷4サイクルSOHC 4バルブ、399cc
・最高出力:33ps/7,000rpm
・最大トルク:3.4kgm/6,000rpm
・トランスミッション:5速マニュアル
・始動方式:セルフスターター式
・フレーム形式:ダブルクレードル
・縣架方式
 フロント:テレスコピック式
 リヤ:モノクロス式
・ブレーキ方式
 フロント:ディスクブレーキ(デュアルディスクブレーキローター)
 リヤ:ディスクブレーキ
・タイヤサイズ
 フロント:120/70R17 58H
 リヤ:150/60R17 56H

リヤカウルに剥がれキズがありました。
クラッチレバーの先端の球に溶接の跡がありました。
あとは気になる箇所はありませんでした。
カスタマイズは好みがありますので、これいいなという方、お問い合わせください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆お問い合わせに際して
―――――――――――
このページのバイクは個人売買の情報サイト「バイクの杜」に掲載されたものです。
バイクの杜は自動車販売店では無く、広告代理店であり、掲載バイクは個人所有の物で、オーナーさんの依頼により取材を行ったものをFOR SALEとして掲載しています。
記事内容は担当者が1時間程度の取材時間の中で、オーナーさんのコメントと、見聞したものを元に作成したものですので、現車の状態を100%正確に記載しているとは限らない場合があり、記事内容に関しても全てバイクの杜で裏づけを取ったものではありません。
状態等のコメントもあくまで取材時の状況及び取材担当者の主観によるものですので、月日が経過して写真や記事と異なる場合がある事をご承知おきください。
掲載車両に関してのご質問や現車確認のお申込はこのページの一番下よりご連絡ください。

車両は岐阜県にあります。
個人売買の為、消費税はかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 60万円→45万円
画像クリックで拡大出来ます
レーシーなスタイルですね 
リヤカウルはワンオフで作成 
シングルシートです 
デュアルエキゾーストマフラー 
フロントフォークはTZR 
ダブルディスクブレーキローター 
 
ヘッドライト周り 
メーター配置 
ホワイトメーター 
右グリップ 
右クラッチレバー部(補修跡あり) 
左グリップ 
燃料タンクキャップ 
シートはワンオフ 
 
リヤカウルの剥がれ 
エンジンオイルクーラー 
エンジンオイルタンク 
エンジン右側 
K&Nクリーナー 
ブレーキシリンダー(ブレンボ製) 
右サイドアルミパネル 
ブレーキキャリパー(ブレンボ製) 
エンジン左側 
 
 
クラッチペダル 
左サイドアルミパネル 
 
リヤサスペンション(調整用バルブ) 
エンジン下@ 
エンジン下A 
エンジン下B 
ストックパーツ類 
フロントフェンダー、テールライトなど 
燃料タンクカウル 
リヤカウル 
シート 
サイドアルミパネル 


この車両のお問い合わせは

エンスーの杜 愛岐オフィス
TEL/090-4853-3008(アサカワ)

またはEメール↓にて
バイクの杜車両問い合わせ
asakawa-m@msh.biglobe.ne.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   上に戻る