エンスーの杜  トップページに戻る  


ヤマハ TZR125 1990年式
車検 走行 12,752km 備考 型式 3TY
長さ 202.5cm 69.5cm 高さ 100.5cm 重量 105kg 排気量 124cc
取材日2021年9月26日

★ヤマハ TZR125 1990年式 (3TY)

 ■ 歴史
  TZR125は、1987年から1990年代の終わりまで販売された2ス トロークエンジン搭載のロードスポーツ。1985年から販売されていたTZR250の小排気量版、というかたちだが、フェアリングレスのネイキッドスタイルだった。TZR250やレーサーのYZRのようなデルタボックスフレームに搭載されるエンジンは、排気量124ccの水冷2スト単気筒エンジンで、ストレート吸気やクランク室リードバルブ、パワージェット装備のVMキャブレター(強制開閉)などによって、22psの最高出力を実現していた。ミッションは6段リターン式で、登場時は、フロント16インチ、リア18インチのホイールを採用し、ブレーキは、フロントがディスク式、リアはドラム式だった。1988年には、フルフェアリング仕様車が500台限定で販売され、翌1989年にはマイナーチェンジ(3TY)。フロント17インチ、新パターンのチューブレスタイヤ、ワイド化された中空キャストホイールを採用。ジオメトリーの変更等を受け、安定したハンドリング特性となった。フロントブレーキはディスク径が245mmから267mmに大径化し、キャリパーもサイズアップ。同時に、リア側がディスク化された。エンジン自体のパワーアップはなかったものの、CDI点火に変更され点火時期を正確に検知。排気タイミングのコントロール精度を高め、広域で有効的にパワーを使える特性となった。車体・エンジンをトータルして、扱いやすさを熟成させたといってもいいだろう。125ccクラスでは、常にライバル車の一歩先を行く存在だった。  
 
■ 車両紹介
  こちらの車両は、二年前に個人の方がフルレストアした車両を現オーナーが購入しました。前オーナーは、TZR125を複数台所有し、このバイクの全てを知り尽くしている方で丁寧にレストアされたとのことです。毎始動時(メインスイッチON時)に鼓型バルブの全開動作および全閉動作を自動的に行うクリーニング機能を有しているYPVS。このユニットもオーバーフォールが施され、YPVSも正常に作動しています。勿論、エンジンの始動性・吹け上がりも絶好調です。
  交換部品・調整箇所は、外装から各消耗部品・エンジン内部にいたるまで手が加えられています。現オーナーもこの二年間、ツーリングや街乗りで安心してこの車両に乗ることができ、前オーナーにはとても感謝している。と、おっしゃっていました。次のオーナー様にもこの車両の完成度を体感していただけると思います。
 ☆下記には交換部品や点検整備の詳細を一部記載しています。
 〇交換部品
  フロントフォークインナーチューブ・オイルシール・フォークオイル、ステムレース打ち換え、Fフォイールベアリングシール、ブレーキフルード・点検窓、Fブレーキパッド、前後タイヤエアバルブ、クラッチケーブル、クラッチカバーケースガスケット、ギヤオイル、Fスプロケ、チェーン、点火プラグ、ピストンリング・ピン、YPVSシール・モーター、クランクシャフトオイル前後シール、エアエレメント、オイルポンプケースシール類・ホース・オイル、燃料コックパッキン・ガスケット、キャブレタージェット・パッキン類、燃料ホース、冷却水、ヘッドライトバルブ、警音器、タンクキャップパッキン、その他多数。(交換部品の品番は整備カルテに詳細あり)
 〇点検・調整整備
  ステム分解洗浄・グリスアップ、レバーペダル分解洗浄・グリスアップ、Fマスターシリンダー分解洗浄、F/Rキャリパー分解洗浄・ピストン洗浄、前後タイヤバランス取り、フロントフォーク分解洗浄、Rショックリンク部分解洗浄・グリスアップ、スイングアームピポット分解洗浄・グリスアップ、クラッチディスク分解洗浄、クラッチプッシュロッド調整、バッテリー液補充、シリンダーヘッド分解洗浄、YPVSバルブ分解洗浄、YPVS作動点検・調整、オイルポンプ分解洗浄、オイルポン部調整、燃料コック分解洗浄、燃料タンク洗浄(ブルフロッグコーティング)、キャブレター分解洗浄、燃料キャップ分解洗浄、サーモスタット開弁点検、灯火バルブ作動点検、スイッチボックス類分解洗浄・グリスアップ、タコメーター分解清掃・作動点検、マフラー内部カーボン除去洗浄、車体各部組付け点検・グリスアップ、各ケーブル類内部洗浄・グリスアップ、その他多数。(点検・調整整備は整備カルテに詳細あり)

  中古車ですので細かな傷・サビ等はございますが、とっても綺麗な車両です。実際の車両を見ていただければ納得していただく事間違いなしです。画像下のほうに詳細な整備データが記載されていますのでご確認をお願いいたします。

 ☆購入していただく方には、サービスマニュアル各種・整備データファイルブック・EXガスケット・ノーマルマフラーをお付けします。
 
■ お知らせ
 〇中古車ですので細かな傷・サビ等はございますが、とっても綺麗な車両です。
 〇現オーナーが乗り始めてすぐに二次エアーを吸い焼き付いたためピストンは0.5mmサイズUPされています。原因は、インシュレーターのボルト締め不足が原因だったそうです。その後は、すこぶる調子が良くパワーバンドに入ると2サイクル独特の一気の回転上昇が味わえます。また乗り味は軽量・スリムな車体で非常に軽快なコーナリングが味わえます。
 〇社外チャンバー(SSイシイ製)は現オーナーが中古で購入されましたが、元々凹みがありワッシャーで取付位置を調節しています。ノーマルマフラーも一緒にお付けしますので気になる方は交換してください。
 〇タイヤは2014年製、溝もまだまだありますが、ひび割れが出始めてきましたので気になる場合は新品に交換することをお勧めします。

■ 編集後記・・・
  何といってもこちらの車両の美点はTZR125をこよなく愛した前オーナーが二年前にフルレストアされた車両であることです。整備記録でも分かるように細かな部分に手を入れ丁寧にレストアされた事がうかがえます。現オーナーは購入してから2年・2000KM程しか走行してないので、とても綺麗で当分交換部品など必要ない状態であること、リフレッシュされたことで新たなTZR125の第二章が始まったと思います。ヤマハと言えば2ストローク、走ってよし・眺めてよし。ここまで手を入れた車両は中々出会えないと思います。現オーナー様はバイクを30台ほど所有しており、BMW69S・カワサキKH・ヤマハDT1その他羨ましいほどのコレクションがあります。今回は、またまた欲しいバイクが見つかったとのことで置き場の関係でなくなくの出です。
  125ccですので車検もなく維持費が殆ど掛からないので是非この機会に伝統のヤマハ2ストロークTZR125を貴方のコレクションに入れてください。

☆購入意思のある方からのご連絡をお待ちしています。

メンテナンスのために定期的に乗られます。若干距離が延びることがあります。ガレージ整理の為の出品です。車両は群馬県にあります。個人売買のため、消費税などかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、エンスーの杜で裏づけを取ったものではありません。
 36万円
画像クリックで拡大出来ます
ヤマハ TZR125 1990年式 
フルレストア車両 
Rキャリパー分解洗浄・ピストン洗浄 
社外サイレンサー 
 
オイルポンプオーバーフォール 
ヘッドライトバルブ交換 
フォークO/H・インナーチューブ交換 
SS石井チャンバー 
冷却水交換・サーモスタット開弁点検 
警音器交換 
 
ヘッドライトバルブ交換 
Fマスターシリンダー分解洗浄 
燃料キャップ分解洗浄 
YPVS内部カーボン除去 
 
ブレーキキャリパー分解清掃 
前後タイヤバランス取り 
 
 
 
フォークオイルシール交換 
フォークオイル交換 
ステムレース打ち換え 
各ケーブル類内部洗浄・グリスアップ 
 
 
タコメーター分解清掃 
 
スイッチボックス類分解洗浄・グリスアップ 
 
 
タンクキャップパッキン交換 
 
キャブレタージェット・パッキン類全交換 
点火プラグ交換 
キャブレタージェットパッキン類全交換 
チェーン交換 
RKタカサゴチェーン交換 
スイングアームピポット分解洗浄グリスアップ 
前後タイヤエアバルブ交換 
ブルフロッグタンク用サビ取り剤 
純正工具 
整備カルテ 
点検整備記録・交換部品品番 
整備記録写真1 
整備記録写真2 
サービスマニュアル 
EXガスケット(おまけ) 


この車両のお問い合わせは

バイクの杜 群馬
TEL/080-5036-4237(タツオカ)

またはEメール↓にて
バイクの杜車両問い合わせ
bxgdk009@i.softbank.jp

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   上に戻る