エンスーの杜  トップページに戻る  


ロード・ボンバー 1979年式
車検 走行 km 備考
長さ cm cm 高さ cm 重量 kg 排気量 608cc
取材日2020年11月

【概要】

「ロード・ボンバー」
この名で40年程前の出来事を思い出す往年のバイクファン・レースファンも多いことでしょう。

モト・ライダー誌は1977年4月号で「ヤマハXT500ロード・ボンバー 4月1日発売」というあたかもスクープ記事であるかのように全貌を披露しました。「これは4月1日、エイプリルフール」の文字を小さく添えて。

マルチエンジン全盛時代に「ロード・ボンバー」は誌面を見た誰もが驚くほど軽く、コンパクトでスリム、扱いやすそうなビッグ・シングル・ロードスポーツでした。
エイプリルフール企画とは気付かずに本当に発売されると思い込んだ問い合わせが殺到し、この記事を見た多くの読者から全国各地のヤマハの販売店に「発売はいつ?」「価格はいくら?」という問い合わせが殺到したそうです。

その話は、当然のごとくヤマハ本社にまで及ぶことになり、大騒ぎになってしまったという逸話を持つマシンです。

その後、反響の大きさにモト・ライダー誌の意向で鈴鹿8耐の前身である鈴鹿6耐に出場し完走、総合18位という結果も残しています。

今回ご紹介する車両は、3台製作された「ロード・ボンバー」の1台で、1979年の鈴鹿8耐にエントリーしゴール1時間前まで総合7位と健闘するものの、惜しくもゴール1時間前に転倒し総合33位になった車両であり大変貴重なマシンです。

なお、現オーナーは2011年からFISCOをホームコースとし、ロードレースに参戦し今年までエントリーしていました。

【外装】
・ガソリンタンク、フロントフェンダー、リアカウル共にリペイントされ、艶のある美しい外装です。

【エンジン】
・1979年製のホンダXL500エンジンからヤマハSRX 600用に換装しています。
・ハイカム仕様(計算値ではありますが、7700rpmで約220〜230km/h可能)
・キャブレターはFCRに換装済です。

【フロントサスペンション】
・飛び石による傷等があります。

【リアサスペンション】
・ナイトロンに換装済です。

【ホイール】
・コムスターからスポーク仕様に変更しています。

【走行回数】
・10年間で50回程度サーキット走行しています。

なお、本車両はレース用車両ですので、当然ながら車検はなく車検証もございません。(※公道での使用は不可です)
また、出来る限りレースで使用する方に購入頂きたいというのが、現オーナーの意向です。

車両は神奈川県下にあります。
個人の為消費税はかかりません。

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、バイクの杜で裏づけを取ったものではありません。
 180万円
画像クリックで拡大出来ます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


この車両のお問い合わせは

バイクの杜 神奈川
TEL/090-3521-9475(オオタ)

またはEメール↓にて
バイクの杜車両問い合わせ
bike.mori.yokohama@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


愛車無料査定 車保険 車売却 廃車引き取り
  エンスーの杜  トップページに戻る   上に戻る