エンスーの杜  トップページに戻る  


HONDA GROM JC61(前期) 2013年式
車検 - 走行 12,647km 備考
長さ -cm -cm 高さ -cm 重量 -kg 排気量 125cc
取材日2021年11月23日

[現車について]
HONDA GROM JC61(前期)
純正部品無し、2回あったリコールは受けてあります。

[カスタム内容]
フラットトラックレーサーレプリカ
参考車両の映像 https://www.youtube.com/watch?v=REmJOqwenpM&t=6s
2018年11月より、約1年かけて制作。
エアクリーナーの吸気部を再現するためには、インナータンクが必要なため、グロムを選定。
インナータンク位置は全体バランスの関係で数センチずらしています。
燃料タンク前面にはタンクカバー、キャップ、メインキー用のFRP部品が製作されています
ほぼ完全に隠れるけど、これが無いと取付できないものです。特にタンクキャップ部分は一ヶ月掛かったそうです。

ヘッドライトは径と奥行きがデザイン上極力小さなものということで、HD用のLEDフォグランプ(4.5インチ)のため、ハイロー切り替えはありません。
モンキーやスーパーカブ用が合うかもしれませんが、検証していません。
メインスイッチはタンク前に移設。小型汎用スイッチ+リレーに変更したため、ステアリングロック無し。
燃料タンクキャップは、取り外し式ではなくホンダ用の社外フラットタイプの開閉式に交換。
 
[ワンオフ関係]
タンクカバー(オリジナルのタンクは設置位置修正)、タンクキャップステー、シートカウル、
ヘッドライトナセル、サイレンサーヒートガード、テールライト+ウインカーステー 
以上、ウエットカーボン、ウレタンクリア塗装(赤はラッカースプレー+ウレタンクリア)。
ワンオフ製作後100kmほどテスト走行のみ。

 [主な使用部品]
 社外バックステップ、前後ステンレスメッシュ(ブラック)ブレーキホース、ナンバーステー、汎用メインキー、汎用バーエンドバックミラー、
ホンダ用燃料タンクキャップ、社外スイングアーム(新品 塗装)、エアクリーナーカバー(新品塗装)、
フロントフェンダーはコンパクトにカットした後にカーボンシートを貼り付け。
サイレンサーはエキパイをダウンタイプからモンキー125用のアップタイプとし、
スクーター用のツインマフラー(PCX150 ウィルズウィン アトミックツイン ポッパータイプ)を合体。

【外装】
通常はフレームに合わせてカウル作りますが、フレームに代わる部分をシートカウルで体重支えるので、
相当頑丈な構造で手間をかけて作成されています。

【エンジン】
始動、アイドリング、吹け上がり良好

【フレーム、ホイール】
歪みなし 

【サスペンション】
武川製GROM用ショックアブソーバー
F/R共に、オイル漏れ無く問題なくストロークしています

【ブレーキ】
前後共に良く効いています。パッド残は十分あり。

【灯火類】
フロントライト(HD用のLEDフォグランプ4.5インチ)ハイロー切り替えなし
コンパクトLEDテールランプ、
小型LED ウインカー(プロトリレー)
全て確認済異常なし 。

【タイヤ】
タイヤ ダンロップ K180 (100/90-12,120/80-12)新品(2年前交換)
純正より一回り小さいですが、ダートラ外観重視のため。
ヒゲあり減り無し 約70km走行のみ。

【バッテリー】
今回の出品にあたり新品交換済み
問題なく元気な状態です。

[総評]
車両を初見の際、『どこのSHOPカスタムなのだろう?』と思ってました。
しかし、この車両、オーナーさんがご自身で1年の時間と労力をかけて作成した自作フルカスタムなのです。
ノーマルの可愛らしいGROMのデザインからは想像出来ないシャープで無骨なデザイン。
詳しい人でなければ、ベース車両が何なのか分からないのでは無いでしょうか。
ガレージの試作品やその他車両を拝見すると、もはや一般人の域ではなく、職人のレベル。
現車も、素人臭いやっつけ感は皆無で、完成度の高さに驚きを隠せません。
デザインを優先しつつ走行に支障がないよう随所にこだわりと工夫が盛り込まれており、
作成の苦労と情熱が伝わってきます。
ここまでの変貌を遂げているにも関わらず、走行性能に関わる部分は大きく手を入れていないので
安心して普段使い出来ることも魅力の一つと言えます。
ノーマルと比較したネガティブの点はハンドルロック無し、タンデム不可、くらいでしょうか。
ですが、それはレーサーレプリカであるが故の我慢ポイントですね。
完成後に100km程テスト走行した後は屋内保管されてましたので、サビやヤレは有りませんでした。

車輌は北海道札幌市にあります。
個人の為消費税はかかりません

以上の記事内容は、オーナーさんのコメントをもとに作成したものです。
整備履歴、修復歴などに関しては、バイクの杜で裏づけを取ったものではありません。
50万円
画像クリックで拡大出来ます
HONDA GROM JC61(前期)
GROMには見えませんね(笑
フラットトラックレーサーレプリカ
2本だしのマフラーも再現
 
 
劇的ビフォー
アフター
タンク、シートのカウルは
容易に脱着できます
燃料タンク前面にはタンクカバー、キャップ、メインキー用のFRP部品が製作されています
燃料タンクはノーマルのままなので安心
配線関係も丁寧に加工済み
タンク内に錆などはございませんでした。
渾身のワンオフタンクカバー
タンクカバー裏面
シートカウル
シートカウルはフレームから大きく離れますが、裏側に頑丈な補強が作られています
フロントタイヤ 新品同様
リアタイヤも新品同様です。
右グリップ
左グリップ
右スイッチ
左スイッチ
右ステップ
左ステップ
LEDウインカー
ラジエターガード風
LEDヘッドライト
視認性の良いデジタルメーター
 
パットは残あり
武川製サス
マフラーカバーもワンオフです。
原型作成
製品完成
凄く手間が
掛かってますね。
参考車両との比較写真
右がGROMです。
スリットの出来が秀逸ですね。
マフラー、シートカウル、スイングアーム そっくり!
 
再現度がすごいです
上手にデフォルメされていて
思わず笑みがこぼれます。
 
 
フロントフェンダーはカーボンシートになります
マッドガードが追加作成されました!


この車両のお問い合わせは

バイクの杜 北海道
TEL/080-1872-0683(ヤマザキ)

またはEメール↓にて
バイクの杜車両問い合わせ
sy441021@gmail.com

※メールサーバーのセキュリティにより、メールが届かないケースが報告されています。
担当者より24時間以内に返信が無い場合は、お電話でお問い合わせください。

※メーラーが開かない場合は、メアドをコピーしてください。


  エンスーの杜  トップページに戻る   上に戻る